サービス

サービス

事業継承を目的とし、経営財務のサポート、事業改善を推進します。


私達に出来ること
事業承継は相反する問題が存在し解決が困難な問題です。 将来問題が起こる間違った事業承継対策とは? 部分最適になっていませんか?

事業承継には大きく分けて人的承継と物的承継の2つの側面があります。人的承継とは後継者の発掘や育成を指し、物的承継とは、後継者に対して事業財産(主に自社株)を承継することを指します。経営の安定化を図るという意味では、後継者が一定割合以上の自社株を保有する必要があります。また、後継者が親族内にいない場合はMBOやM&Aも視野に入れて対策を講じる必要があります。
自社株の評価
スムーズな自社株承継を成功させるためには、まずは自社の株価がどの程度なのかを知る必要があります。 非上場企業の株価評価には様々な手法がありますが、一般的には税法上のルールに従って株価を算定します。相続、贈与で株式を移す場合は、財産評価基本通達に基づく評価額が、自己株式の取得をする場合は、法人税法・所得税法基本通達に基づく評価額が参考となります。
議決権の集約
株式の権利は大きく「議決権」「配当権」「残余財産分配権」の3つがあり、会社の経営の安定を図るためには後継者により多くの「議決権」を集中させる必要がございます。会社法上、議決権割合に応じて株主総会での決議内容が異なっており、取締役の選解任、役員報酬など会社経営の基本的事項を決議するためには、議決権の過半数を保有する必要があります。また、既に株式が分散してしまっている場合は、株式自体を集約する方法以外に、無議決権株式等の種類株式を活用する方法も有効です。
自社株の移転方法
自社株の移転の方法は大きく分けて「相続」「贈与」「売買」の3つが基本です。事業承継対策では、そのうち「贈与」と「売買」により自社株を移す方法が一般的に用いられています。いずれの手法であっても、利益率や内部留保が高い優良企業の場合は、株価が高額となり株式を移す際に株式買取資金や税金コストが多額になってしまうため、早い時期からの対策が必要となります。(贈与の場合、状況により他の相続人に対する遺留分を配慮する必要があります)
親族外承継
親族内の後継者が見つからない場合は、MBOやM&Aを検討する必要があります。
MBOとは、会社の経営陣が、現株主から株式等を買い取って会社を買収する手法を指します。一般的には経営陣が個人で株式を買い取るのではなく、受け皿会社(SPC)を活用して株式を買い取る手法が用いられます。
M&Aとは、直訳すればMergers(合併)& Acquisitions(買収)を意味しますが、中小企業の事業承継対策では、株式譲渡が一般的に用いられています。現株主が保有する株式を取引先等の事業会社や投資ファンドへ売却して株式の承継を完了させる方法です。
MBO、M&Aいずれの手法も、現株主にとっては株式の売却により納税資金が確保できることや、MBOの場合は現経営陣がそのまま事業を引き継ぐため安定した事業継続が期待できる点、M&Aは買収先企業とのシナジー効果により事業が発展していくといった点が主なメリットとして挙げられます。
生命保険活用法
会社で加入している生命保険契約を見直すことは資金繰りの改善以外にも事業承継対策や相続対策に効果を発揮します。損金性のある生命保険契約に加入することで利益が圧縮され、結果として株価の引下げに繋がります。また、相続税の納税資金として相続人が相続した自社株を発行会社が買い取る手段がありますが、その際の株式買取資金として会社で加入している生命保険契約の死亡保険金を活用することが可能です。経営者様の生存 死亡退職金として個人相続の際に納税資金や代償分割金の確保したり、連帯保証債務対策にも有効です。
ページトップへ戻る

現金損益改善
現金損益(=キャッシュフロー)を改善することで会社に現金が蓄積され、資金繰りに余裕が生まれることで事業投資の幅が広がります。現金損益を改善するためには、調達と運用をそれぞれ最適化する必要があります。調達を最適化するためには企業にとって必要な資金を「運転資金」と「設備資金」に大きく分けた上でそれぞれに適した調達方法を検討します。また、運用を最適化する上ではROA(総資産利益率)の考え方を基に、調達した資産でいくらの利益を生み出すかを考慮した上で調達と運用のバランスを考慮する必要があります。
経営改善計画の策定
一般的に経営改善計画書とは、業績の悪化した企業が銀行にリスケジュールや新規融資を依頼する場合に銀行から提出を求められる書類です。しかしリスケ等の要請目的以外にも将来の事業計画を可視化し計画と実績の分析等を繰り返すことで、企業の財務基盤の改善が期待されます。また、計画書に求められる要素としては、@現状の把握 A問題の抽出 B改善策及びアクションプランの策定 Cモニタリング方法などが挙げられます。
連帯保証の解除
中小企業が金融機関から借入をする場合は、一般的に経営者個人の連帯保証を求めらるケースがほとんどでしたが、近年では「経営者保証に関するガイドライン」を利用して個人保証を解除するケースが増えてきております。ガイドラインでは、企業が個人保証を解除するためには、@法人と経営者の資産関係が明確に区分されていること A財務基盤が整っていること B財務状況を適切に開示できる経営の透明性を確保することの3条件を求めております。経営者個人の連帯保証は円滑な事業承継を妨げる要因にもなっていますので、個人保証を解除することがスムーズな事業承継へと繋がります。
BCP(事業継続計画)
BCPとは、企業が自然災害などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります。
事業承継前に「次世代が継承したくなる事業環境」を整える

小規模事業や衰退傾向のある事業では、事業承継の手続きや手法という以前に、承継者不足が大きな問題になっています。
当グループでは他の事業承継支援グループには無い支援サービスとして「次世代が継承したくなる事業環境」の構築支援を提供しています。
昨今、巷でも経営課題としてクローズアップされている「ブランディング」「事業付加価値の向上」が引き寄せる「売上額の拡大」「粗利益アップ」=「魅力による事業環境の改善」です。経験と実績豊富な当グループのマーケティング専門家が的確な事業環境改善を指導します。

事業魅力の改善による売上の向上
売上確保は従前のコンサルタントファームではなかなか実現しないことは周知の事実です。売上や粗利益の向上は、事業付加価値という「ターゲット」が感じる価値に左右されるという、新しい時代の課題だからです。このターゲットが感じる価値を一言でいうと「事業の魅力」です。ロゴの魅力、広告デザインの魅力、店舗スタイルの魅力、店内レイアウトの魅力、商品外観の魅力、スタッフの魅力など、事業に関するあらゆる魅力がターゲットの感性に響き、事業に価値を感じさせるファクターとなります。
同じ商品でも事業付加価値の高い環境であれば、より高価に販売でき、売上も粗利益も改善されます。事業魅力改善による効果は驚くほど高いという結果が出ています。
ブランディングで優位な経営環境を整える
これら一連の付加価値創造戦略を総称して「ブランディング」とも言います。ブランドの高い事業は質の良いターゲットを誘い込み、事業により優位な販売環境が構築できます。
問題は投資回収です。事業魅力の改善投資にかかる費用を短期に回収する事業計画が確立されれば、融資する側も積極的に事業改善を後押ししてくれます。
事業魅力改善で「次世代が継承したくなる事業環境」を構築し、事業承継を実現しましょう。
ページトップへ戻る

経営知識だけでは
経営知識を会得する事は重要ですが、経営者にはもっと根本的に必要なものがあります。それは『大義名分』と『志』です。事業を長年維持経営した経営者なら理解できると思います。
大義名分とは
事業の方向性が多くの人の利に資するものである事を明確にするのが大義名分です。事業を自分の都合の良いように解釈するのでは無く、多くの人の顕在する需要をベースに事業が成り立つことを理解しなくてはなりません。
無くては成らないと言われる事業を如何に構築するか?事業理念に関わる根幹を理解しましょう。
経営者の志とは
一つの事業を成り立たせる事は、棚からぼたもちが落ちてこない限り、楽なものではありません。経営者は時に出口の見えないトンネルを突き進まなければならないこともあります。スタッフの誰よりも先頭に立って士気を高める事も重要な事です。何より艱難辛苦に当たっても折れない心を築かなければなりません。強い経営者で有ることを目指しましょう。

作成中
もうしばらくお待ちください。
ページトップへ戻る

人事労務管理の環境づくり
事業承継後の新しい経営戦略がどのような形であっても、実際に行動して実現するのは人です。事業承継をスムーズに進め、新たな経営陣と社員が一体となって目標達成に邁進するための土壌づくりを実現します。
人事制度の見直し
人事制度は、社員の採用から配置、評価を通じて全体の育成を図る戦略実現に不可欠のシステムです。制度を明確にして見える化することで各自の成長を促進します。同時に、制度は会社が主体的に運用し、必要に応じて改善を重ねていくものでなくては「お飾り」になってしまいます。お仕着せではないオリジナルの制度構築を提案します
M&A・組織再編への対応
M&Aや組織再編の成否を握るのは、再編後の人心の掌握です。財務や法務だけではなく、人事に関する統合後のプラン策定に早く着手することで成功率を改善します。
就業規則・各種規程の整備
就業規則を整備する目的は単に労働基準法上の義務やトラブル防止にとどまりません。私たちは貴社のご要望と課題を確認したうえで、実態に即したオリジナルの規程整備をサポートいたします。外国人の役員・社員がいる場合はネイティブとの提携による英文就業規則の整備もいたします。
組織診断・人材育成
戦略や経営システムが刷新されても、それらを実行に移す社員たちの意識が変わらなければ、変革が実を結ぶことはありません。組織の現状を診断し、あぶり出された課題の解決に必要な気づきと変革を継続する力を醸成していくためのプログラムを設計します。

ページトップへ戻る

ご利用方法

ご利用方法

まずはご相談ください。
お電話・メールにてご相談内容を伺います
まずはお問い合わせ下さい。
ページトップへ戻る
ご利用料金

ご利用料金

電話・メールでの初期相談は無料です
ご相談内容によってそれぞれ料金の設定があります
詳しくはお問い合わせ下さい。
ページトップへ戻る
よくある質問

よくある質問

事業承継に関する質問
事業承継をしたいのだが、先行きが不安で継がせることが出来ない

経営者様が高齢となり次世代へ継がせたくても、事業内容が不安定で継がせることをためらっておられる方は大勢おられます。現在、多くの事業が低迷していますが、その主な原因は、経営環境が新時代に整合していないということが主な原因のようです。
まず必要な行動は、文字通り事業環境を時代に整合させることです。この場合、事業改善というカテゴリになりますので、当グループの事業改善チームにより、財務改善・販売改善を行い、長期的に安定した基盤を早期に築き上げることが重要です。

以後作成中

作成中です。もうしばらくお待ちください。

ページトップへ戻る